グリストラップの管理方法

お店の方による排水トラップ詰まりの基本的な日常管理は、
浮かんでいる油脂と槽内バスケットに流れ込んでくる残飯・残さの除去です。
浮かんでいる油脂はオタマ状の道具ですくってやるか、
専用の吸着剤を用いて取り除くことになります。
しかし、このようにきちんと日常管理をしていても、
どうしても底には網ですくえない「残さ」が堆積してしまいます。
堆積してしまった残さを完全に除去するには
専門業者に依頼してバキューム吸引するしかありません。
最近ではこの残さに対応するいくつかの方法が開発され商品化されています。
例えばオゾン(O3)を用いるもの、バイオを用いるものetc・・・。
いずれも初期投資として何万円から何十万円かの設備を設置し、
その後はガスボンベやバイオ菌を定期的に補充してやる、という方式。
これらの業者は、定期的なバキューム吸引清掃と、
設備投資プラスランニングコスト、どちらがお徳でしょうか?
という選択肢でもって経営者さんに提案します。
ただ見逃していけないことは、どんなに画期的な技術が開発されたとしても
「グリストラップ内に堆積する残さ・つまりを完全に除去するには
バキューム吸引しかない」という事実なのです。

閉じる